カテゴリー: ウォーキングと健康

ウォーキングの重要性

生活習慣病の予防と脳の活性化(ボケ防止)に最適とされているウォーキングですが、なぜウオーキングがいいのでしょうか?

それは有酸素運動と関係があることがわかっています。有酸素運動をすると血液中に酸素がたくさん取り込まれるためボケ防止、さらには中性脂肪を燃焼させるので健康な体をキープできるのです。

更にいいことに、ダイエット効果が期待できるので、体重が減り、膝や腰への負担が軽くなります。ただし、現実問題として、高齢になるとウォーキングができなくなる方が大勢いるのをご存知ですか?

去年まで元気でウォーキングをしていた人が突然膝が痛くなり、椅子から立ち上がれなくなり、歩行も困難になる方が増えてきています。

一度、膝痛になってしまい早く治さないと、負のスパイラルが始まってしまいます。歩けない⇒体重が増える⇒膝に負担がかかる、腰痛になりやすい⇒横になる時間が増える⇒⇒⇒車いす

そんな負のスパイラルに突入する前に、高齢になる前から食事に気を付けることが重要です。鳥のささ身、鶏軟骨などを多く取り入れた料理を食べるように心がけましょう。

サプリメントで栄養を補うという方法もあります。その場合は、プロテオグリカン、イミダゾールペプチド、エラスチンなどは膝痛に効果が期待できる栄養成分なので商品の説明をチェックすることが大切です。